自覚症状がなくても検査しよう

  • 運営者
  • 2018-07-08
  • 未分類
  • 自覚症状がなくても検査しよう はコメントを受け付けていません。

B型肝炎ウイルスの感染は自覚症状がなくても該当する可能性があります。特に子供の頃に集団予防接種を受けたことがある方はB型肝炎に感染している可能性がありますので、なるべく早めに専門的な検査を受けることをお勧めをします。さらにその時期の集団予防接種を受けB型肝炎ウイルスに感染している母親から母子感染しているというケースもB型肝炎ウイルスの給付金制度を利用することができます。集団予防接種の際に注射器が使いましょうされていた時期は昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間です。非常に長い間は注射器の使い回しで行われていたため、B型肝炎に感染している方は決して少ないとは言えないでしょう。

しかしながらこのような非常に長い集団予防接種の期間があったにも関わらず給付金制度を知らない、あるいは知っていても実際にその制度を利用しようとしない方は少なくありません。その場合に助けてなるのが弁護士です。信頼できる弁護士や弁護士事務所を探し、積極的に依頼していきましょう。そうするならばB型肝炎に関係する様々な症状を自覚していないとしても、この先給付金が支給されることによって生活を支えることが可能となるでしょう。