B型肝炎と上手に向き合うために


B型肝炎に関する知識を深めておくと自分が感染しているかどうか冷静に判断することも可能です。B型肝炎は母子感染や血液感染、体液感染が主な感染経路となります。こうした感染経路をしっかりと認識しておけばB型肝炎だったとしても他の人に感染させてしまうという危険を防ぐことができますし、また家族にB型肝炎に該当する方がいる場合でも過度に感染を恐れずに生活することも可能です。

血液検査B型肝炎に感染しているかどうかを調べるためには血液検査を行う必要があります。もしも血液検査で陽性の場合には肝機能を調べるための精密検査を行います。現在のところB型肝炎に感染している新たな患者は減少傾向にあるものの、自覚症状がなくても感染している人はまだまだ存在すると思われます。自分自身が感染しているかどうかをしっかりと調べることによってB型肝炎給付金制度を利用することも検討することができますし、他の人に感染させてしまうという危険を未然に防ぐこともできるでしょう。B型肝炎は改善することはできても完治することはありません。そのためできるだけ早期に発見し適切な処置を行いそれ以上悪化することのないように対処をしておくことが必要なのです。

自覚症状がなくても検査しよう


B型肝炎ウイルスの感染は自覚症状がなくても該当する可能性があります。特に子供の頃に集団予防接種を受けたことがある方はB型肝炎に感染している可能性がありますので、なるべく早めに専門的な検査を受けることをお勧めをします。さらにその時期の集団予防接種を受けB型肝炎ウイルスに感染している母親から母子感染しているというケースもB型肝炎ウイルスの給付金制度を利用することができます。集団予防接種の際に注射器が使いましょうされていた時期は昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間です。非常に長い間は注射器の使い回しで行われていたため、B型肝炎に感染している方は決して少ないとは言えないでしょう。

しかしながらこのような非常に長い集団予防接種の期間があったにも関わらず給付金制度を知らない、あるいは知っていても実際にその制度を利用しようとしない方は少なくありません。その場合に助けてなるのが弁護士です。信頼できる弁護士や弁護士事務所を探し、積極的に依頼していきましょう。そうするならばB型肝炎に関係する様々な症状を自覚していないとしても、この先給付金が支給されることによって生活を支えることが可能となるでしょう。

B型肝炎給付金を受け取ることが可能となった理由


様々な緊急事態に応じて現行の法制度では対応できない場合に特別に制定される法律に特別措置法というものがあります。国が様々な要件に応じて決定する法律ですが、その中の一つにB型肝炎特別措置法というものが挙げられます。これは過去ある一定の期間内に集団予防接種の際に注射器を使い回すことによってB型肝炎に感染してしまった被害者に対して給付金を支払うことを定めた法律です。この法律によってB型肝炎訴訟を起こすことにより、給付金を受け取ることが可能となっているのです。

給付金重篤な症状が出ている場合には3500万円を上限とした給付金が支給されます。しかしながら訴訟というだけあって、法的に様々な手続きを踏まなければなりません。B型肝炎に感染している可能性や実際の症状が出ていたとしてもそのような煩雑な手続きを考えてこの特別措置法を利用しないという方も少なくはないのです。しかしながらB型肝炎給付金請求を行うことは正当な権利とも言えますし、症状によってはその後の生活を大きく左右するほどの給付金を受け取ることも可能となりますので、該当する方は積極的にこの特別措置法を利用した方が良いでしょう。そのような時に助けになるのが弁護士です。もちろん弁護士に依頼することはそれなりにお金がかかるものですが、B型肝炎特別措置法利用すれば給付金とは別に弁護士費用の4%を負担するという制度もあります。また給付金の何パーセントかを報酬として設定している弁護士事務所であれば、着手金などもかからない可能性が高いと言えるでしょう。